素人に毛が生えた程度のアマ初段

将棋上達!アマ初段への道

矢倉囲い

囲い 将棋ウォーズ

早囲い

NO 11 通常の手順で矢倉を囲むより、一手早く囲える。しかし、玉が二段目を通るため、相手の攻めの当たりが強くなるのが欠点。近年、藤井九段の研究により、注目が集まっている。

囲い 将棋ウォーズ

菱矢倉

NO 8 矢倉における理想形。総矢倉の57銀を66の地点に持っていた囲い。上部の制圧力が極めて強い。心なしか夏目さんも調子が良さそうだ。

囲い 将棋ウォーズ

銀立ち矢倉

NO 7 矢倉囲いの77銀を76の地点に持っていった囲い。主に対振り飛車に使われる囲い。76の銀の力で位をとり玉頭を制圧する。

囲い 将棋ウォーズ

菊水矢倉(しゃがみ矢倉)

NO 6 しゃがみ矢倉とも呼ぶ。飛車先を交換させるので不利な感じがするが、玉を深い位置にあるため終盤での縦からの攻め合いには非常に強い。

囲い 将棋ウォーズ

矢倉穴熊

NO 5 矢倉と穴熊を組み合わせた囲い。駒の連結度が低く、バランスが悪い。しかし戦場から遠ざかる穴熊の強みはやはり強い

囲い 将棋ウォーズ

総矢倉

NO 4 矢倉囲いに57銀がくっついた片翼のような形。金銀四枚で囲うので、上部からの攻撃の耐久力は極めて高い。しかし攻撃力の力不足が気になる。

囲い 将棋ウォーズ

片矢倉

NO 3 矢倉囲いの玉が横に一蹴ずれた形。古い将棋では矢倉とはこの形の事が多かった。近年、藤井流急戦矢倉で用いられていることになって最注目されている。

囲い 将棋ウォーズ

銀矢倉

NO 2 矢倉囲いの67金が銀に変わった形。57にと金を作られると大変脆い。なお銀は室温において既知の金属の中で最も電気抵抗が低い。

囲い 将棋ウォーズ

金矢倉

NO 1 矢倉は将棋の純文学。金銀三枚の形が美しい。なお夏目漱石の死因は胃潰瘍。代表作は「吾輩は猫である」「こゝろ」など

Copyright© 将棋上達!アマ初段への道 , 2020 All Rights Reserved.